ミュージシャン

小山田圭吾いじめ|海外メディアや掲示板の反応まとめ!全世界で批判の嵐


ミュージシャンの小山田圭吾さんが、東京オリンピックの開会式の作曲担当を辞退した件が引き続き話題になっています。

さらに、この件が日本国内のみならず全世界で大々的に報じられ、「国内よりも海外メディアの方が反応してる」という意見も見受けられます。

そこで、ミュージシャンの小山田圭吾さんの辞退に対する海外メディアや掲示板の反応をまとめました。



小山田圭吾いじめ|海外メディアや掲示板の反応まとめ

米メディア:ABCニュース

ABCニュース

東京オリンピック開会式の一部である日本の作曲家、小山田圭吾は、幼い頃に同級生をいじめたことを謝罪した。

最近オンラインで公開され、日本のメディアで取り上げられた障害児を虐待したという彼の報告は、ソーシャルメディアで反発を引き起こし、辞任を要求している。

(中略)スキャンダルは大会を悩ませた最新のものであり、すでにコロナウイルスのパンデミックに取り組んでおり、開幕まであと5日しかありません。調査によると、日本の国民は依然として健康上のリスクを心配しており、イベントをキャンセルまたは延期することを望んでいる人もいます。

英メディア:The Telegraph

  • 障害のある同級生を虐待し、他の生徒の前で性的な行為を強要したと語ったインタビューが問題になっている
  • にもかかわらず、東京五輪の主催者は、日本の著名な音楽家が開会式に関わることを喜んでいる

英メディア:The Guardian

The Guardian

A Japanese composer whose music will be performed at the opening ceremony of the Tokyo 2020 Olympics has apologised after reports he had bullied school classmates, including those living with intellectual disabilities.

東京2020オリンピックのオープニングで披露される音楽の制作者は、クラスメイトをいじめたとの報道の後に謝罪しました。

仏メディア:Le Figaro

Le Figaro

Le musicien japonais Keigo Oyamada, qui a composé l’un des thèmes de la cérémonie d’ouverture des Jeux olympiques de Tokyo, a présenté samedi ses excuses pour avoir harcelé des handicapés lorsqu’il était étudiant, information révélée en début de semaine.

東京オリンピックの開会式のテーマの一つを作曲した日本のミュージシャン、小山田圭吾は、土曜日に学生時代に障害者に嫌がらせをしたことを謝罪したと、今週初めに情報が明らかにされた。

ライブジャーナル・コミュニティ『ONTD(Oh No They Didn’t)』

  • 「ひどすぎて言葉が見当たらない」
  • 「サイコパスじゃないか」
  • 「五輪はもう、何もかもが呪われているな」
  • 「自分が過去に行ったイジメのエピソードを、笑いながら自慢げに晒すのは、ソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)だね」
  • 「ファンはそれでも彼を応援しているって、どういうこと? 信じられない」

有名掲示板サイト『reddit』

  • 「多くのパラリンピック選手が、同様のイジメ被害に遭っていたと思う。そのイジメっ子が音楽を担当するなんて恐ろしい」
  • 「人を選ぶ際、五輪にふさわしいか、醜聞はないかとチェックしないのか」
  • 「日本ではイジメが長い期間続くという。その典型例だな」
  • 「過去のインタビュー記事の原文を読んで強いショックを受けた」
  • 「笑いながらそういうことを自慢げに話す人って…」

小山田圭吾いじめ|海外メディアや掲示板の反応まとめ!全世界で批判の嵐|まとめ