俳優、モデル

中島健人は演技上手い!下手と言われる3つの理由と声優の評判は

中島健人さんの画像

歌手・俳優として活躍されている中島健人さん。

メキメキと実力を伸ばし、その演技力が高く評価されている中島健人さんですが、一部には「演技が下手」という意見もある様子。そこで、

  • 中島健人さんの演技が上手いと話題
  • 中島健人さんの演技が下手と言われる3つの理由
  • 中島健人さんの声優の評判

について情報をまとめました。



中島健人は演技が上手いと話題

中島健人さんの画像
中島健人さんのプロフィール

本名:中島健人(なかじま けんと)
生年月日:1994313
年齢:27歳(20216月現在)
出身:東京都
身長:176cm
血液型:A
職業:アイドル、歌手、俳優、タレント
所属:ジャニーズ事務所(Sexy Zoneメンバー)

2008年8月2日〜9月5日に行われた舞台『SUMMARY 2008』で俳優デビューを果たし、同年10月11日〜12月13日放送のテレビドラマ『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』で映像作品デビューを果たした中島健人さん。

中島健人さんの画像

それ以来、13年以上も俳優として活躍されている中島健人さん。

“演技うまいジャニーズランキング”2019年に続き2020年もベスト10入りしており、憑依型の俳優として注目が集まっています。

その演技力は年々上がってきており、世間では「演技が上手い」という意見が多く見受けられます。

中島健人さんの演技は、特に以下の点が評価されている様子。

  • 華がある
  • 立ち振る舞いも完璧
  • 目の演技や表情が先生でうまい
  • 泣きの演技がすごい

また、これまでに特に「演技が上手い!」と注目された出演作がいくつかあるようです。

24時間テレビ『ヒーローを作った男〜石ノ森章太郎物語〜』

2018年8月25日放送の24時間テレビドラマスペシャル『ヒーローを作った男〜石ノ森章太郎物語〜』(日本テレビ)に出演された中島健人さん。

24時間テレビドラマスペシャル『ヒーローを作った男〜石ノ森章太郎物語〜』

漫画家の“石ノ森章太郎”こと小野寺章太郎が大成するまでの半生を描いた作品で、主演・石ノ森章太郎役を演じた中島健人さん。

視聴者からは「時々石ノ森先生に見える」「人を感動させる力がある」「ずっと号泣」「演技に引き込まれた」など、その演技が高く評価されました。

また、中島健人さんご本人も「石ノ森章太郎先生を演じている時間はすごく幸ある時間に感じられた」とコメントしており、とても収穫の多い作品だったようです。

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』

2018年10月13日〜12月15日放送のドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』に出演された中島健人さん。

ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』

警視庁捜査三課第2盗犯捜査・第四係に配属された巡査長・斑目勉(まだらめ つとむ)役を演じた中島健人さん。

コミカルな役柄を見事に演じ、視聴者からは「何かが憑依してみたい」「細かい演技が上手い」「いろんな表情を持ってる」などの声が挙がりました。

ドラマ『砂の器』

2019年3月28日放送のドラマ『砂の器』に出演された中島健人さん。

ドラマ『砂の器』

天才的な音楽家・和賀英良役を演じた中島健人さんですが、ピアノを弾くシーンが注目を集めました。

他にも、「演技に引き込まれた」「表情や目の演技が良かった」「間違いなく和賀英良」など、特に表情や目の演技が評価された様子が伺えます。

ドラマ『未満警察ミッドナイトランナー』

2020年6月27日〜9月5日放送のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』に出演された中島健人さん。

ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』ドナイトランナー』

神奈川県警警察学校片野坂教場に入校し、厳しい訓練生活を送る本間快を演じた中島健人さん。

平野紫耀さんと繰り出すコミカルな演技からシリアスな演技が話題になり、「俳優中島健人の演技に引き込まれた」「アクションが最高に良かった」などの声が寄せられました。


中には「他の役柄の演技も見てみたい」という意見もあり、俳優にとってこれ以上嬉しい言葉はないのではないでしょうか。

しかし一方で、中島健人さんの演技に対して「演技が下手」という意見もあるようです。

中島健人が演技下手と言われる3つの理由

中島健人さんの画像

演技力が高く評価されている中島健人さんですが、中には「演技が下手」という意見もあるようです。

なぜ「演技が下手」と言われているのでしょうか。それには大きく分けて3つの理由があるようです。

下手と言われる理由1:役柄によって評判が分かれるから

中島健人さんの演技が下手と言われる1つ目の理由は、役柄によって評判が分かれるから

中島健人さんは俳優歴13年以上、これまで数多くのテレビドラマや映画に出演し、様々な役柄を演じてきました。

しかし、役柄によって評価が見事に分かれ、特に「恋愛モノの演技が下手」と不評で、「この役は上手いとかこの役は下手だとか言ってるようじゃまだまだ」という意見も挙がっています。

また、2008年放送のドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』に関しては「キャスティングが絶対おかしい」という声もあり、そもそも役柄イメージが中島健人さんに合っていなかったという説もあるようです。

下手と言われる理由2:どの役を演じても中島健人だから

中島健人さんの演技が下手と言われる2つ目の理由は、どの役を演じても中島健人だから

これまで様々な作品に出演してきた中島健人さんですが、視聴者から見たら「下手じゃないけど中島健人感が拭えない」「全部が中島健人で役って感じがしない」「演じきれてない」という印象を受けるようです。

中島健人さんは、いるだけで華があって目立つので、「オーラがありすぎて役の人が霞んでるって感じ」という意見が的を得ているように感じられます。

下手と言われる理由3:ファンがヨイショしてるだけだから

中島健人さんの演技が下手と言われる3つ目の理由は、ファンがヨイショしてるだけだから

ファンにとっては、推しの仕事について褒めたくなりますが、ファン以外の方がそれを聞くと「ファンが見たらそりゃよく見えるでしょ」「演技の良し悪しを見てる人間からすると下手」という厳しい意見が出ているようです。

確かに、中島健人さんには熱いファンの方が多いので、中島健人さんの演技について「この作品見て」と言いたくなる気持ちは分かりますが、ファン以外にとってはそれが逆効果になっているのかもしれません。

特に評判が悪かった作品は『砂の器』

中島健人さんの演技の評判が特に悪かったのは、2019年3月28日放送のドラマ『砂の器』(フジテレビ)でのこと。

ドラマ『砂の器』

「演技が上手い」という声も多かったこの作品ですが、原作を読んだ視聴者からは「ぶち壊しだ」「配役がおかしい」と大批判。

他にも「ここまで演技下手だとは思ってなかった」という意見が多く寄せられました。

この作品では「演技が上手い」という意見も多かったはずの中島健人さん。なぜここまで評価が分かれてしまうのでしょうか。

中島健人の演技力|評価が分かれる理由

中島健人さんの画像

中島健人さんの演技の評価が分かれる理由は、主に以下のポイントだと思われます。

  • デビュー当初から徐々に成長しているから
  • 最初はゴリ押しだったから
  • 振り切った演技を下手と感じる人もいるから

中島健人さんが俳優デビューを果たしたのは2008年の15歳のとき。

それから俳優としてのキャリアを少しずつ積み上げ、1つ1つの作品に出演するごとに成長を重ねています

最初はジャニーズならではの“ゴリ押し”があったと言われているようですが、経験を積むことで年々演技力が高くなってきているので、見る作品によって「演技が上手い」「演技が下手」と意見が分かれることが多いのだと思われます。

ファンからも「確実に前よりは上手くなってる」「まだまだ伸びしろある」「演技の勉強できる場、それを披露する場がある」との声が挙がっています。

また、中島健人さんといえば、体当たりの演技が印象的。

その演技を見て感動する視聴者もいれば、大げさで「下手」と感じる視聴者もいるようです。

このように、作品によっては演技の評判が悪い中島健人さんですが、声優の評判はどうなのでしょうか。

中島健人の声優の評判は

中島健人さんの画像

中島健人さんの声優の評判ですが、中島健人さんはこれまで声優を務めたことがありません

しかし、各種トーク番組やバラエティ番組で、独自のアテレコを披露されており、そのアテレコが「上手い」と評判になっています。

これを聞いたファンからは「ディズニーの吹き替え声優やってほしい」「声色かなり変えられるんだね」「声優もできるんじゃない?」といった声が挙がっています。

確かに、中島健人さんの声はいわゆる“イケボ”で、さらに様々な声色を使い分けることができる様子。今後声優に挑戦する機会も出てくるかもしれません。

中島健人は演技上手い!下手と言われる3つの理由と声優の評判は|まとめ

中島健人さんの演技力に関して、「上手い」という意見や「下手」と言われる3つの理由、評価が分かれる理由や声優の評判について情報をまとめました。

中には不評な出演作もありますが、基本的に「演技が上手い」と高く評価されている中島健人さん。その声にも注目が集まっているので、今後さらに活動の幅が広がっていくと思われます。

今後のご活躍も楽しみにしています。