俳優、モデル

キムタクは性格悪すぎでファン離れ続出?性悪エピソードと共演者の評判まとめ

木村拓哉さんの画像


クールなイメージのある“キムタク”こと木村拓哉さん。

「ちょ待てよ」などの名言がモノマネされるほどカッコつけの印象がありますが、実は「性格が悪すぎてファン離れ続出」という噂があるようです。

さらに、木村拓哉さんに共演NGを出す女優や俳優が多いという情報もあるようなので、キムタクの性格について情報をまとめました。

この記事を読んで分かること
  • キムタクは性格悪すぎてファン離れ続出?
  • キムタクの性悪エピソードまとめ
  • キムタクの共演者からの評判まとめ



キムタクは性格悪すぎでファン離れ続出?

木村拓哉さんの画像
木村拓哉さんのプロフィール

本名:木村拓哉(きむら たくや)
生年月日:19721113
年齢:48歳(2021年8月現在)
出身:東京都
血液型:O
職業:俳優、歌手、声優
所属:ジャニーズ事務所(元SMAP)

198711月にジャニーズ事務所に入所し、199199日にSMAPの『Can’t Stop!! -LOVING-』でCDデビューを果たして以来、30年以上も芸能活動を続けている“キムタク”こと木村拓哉さん。

クールでかっこいいイメージのある木村拓哉さんですが、ネット上では「性格悪すぎ」「性格悪そう」といった意見が多く、近年はファン離れが深刻だそうです。

「性格悪そう」と言われている“キムタク”こと木村拓哉さんですが、実際はどのような性格なのでしょうか。

そこで、木村拓哉さんの性悪エピソードをまとめました。

キムタクの性悪エピソードまとめ

木村拓哉さんの画像

“キムタク”こと木村拓哉さんは、これまで数多くの名作に出演されています。その撮影現場でいくつかの“性悪エピソード”があるようです。

ドラマ撮影現場で井川遥に暴言

2002415日から624日に放送されたドラマ『空から降る一億の星』(フジテレビ)に出演された木村拓哉さん。

ドラマ『空から降る一億の星』 ドラマ『空から降る一億の星』

当時、共演者の井川遥さんはモデルから女優に転身したばかりの演技初心者

不慣れな現場で奮闘する井川遥さんに暴言を吐いたエピソードが有名です。

14年前のドラマ『空から降る一億の星』(フジテレビ系)でキムタクは、共演した井川遥(40)を断罪したんです。キムタクは、モデルから転身したての井川に対し『演技がヘタクソすぎて、もう一緒に仕事をしたくない』と周囲に漏らしていました。

引用元:アサゲイ

木村拓哉さんの画像

また、当時の井川遥さんは売れっ子でかなりの多忙スケジュール。

ドラマの撮影スケジュールも井川遥さんに合わせて組まれており、早朝からのスケジュールに不満を覚えた木村拓哉さんは激怒したとのこと。

さらには、出演者の顔合わせが井川のスケジュールに合わせて作られていたことを知って激怒。事務所に共演NGを通告したエピソードは有名です」(女性誌記者)

引用元:アサゲイ

当時は木村拓哉さんもすでに売れっ子。“キムタク”ともてはやされて調子に乗ったのか、単純に気が短いのか、他にも木村拓哉さんに共演NGを出す俳優が相次いだそうです。

Mステで福山雅治にガン飛ばし

20108月生放送の『ミュージックステーション』にSMAPで出演した木村拓哉さん。共演者の中には福山雅治さんがいましたが、木村拓哉さんと福山雅治さんは同世代のライバル同士。

木村拓哉さんと福山雅治さんの画像

現在、木村拓哉さんは49歳、福山雅治さんは53歳。

同年代のトップ俳優ということもあり、業界内では「この2人のどちらかが雑誌の表紙を飾れば、もう一方を同じ号に掲載してはいけない」という暗黙のルールが未だにあるほど“因縁の仲”だと言われています。

この回の『ミュージックステーション』でも、木村拓哉さんは福山雅治さんを意識して態度が悪かったようです。

「収録が始まる前、福山が最後に楽屋入りしたそうです。福山は、共演者全員に『よろしく!』と声をかけましたが、木村は無視したと言います。さらに、リハーサルでも不機嫌な顔をしては、あげく福山をにらみ付け終始ふてくされ気味の様子。周囲はいつ福山がキレてもおかしくないと、不穏な空気が漂ったそうです。しかし、残念ながら福山には木村の“圧力”が届いておらず、眼中になかったようですね」(番組制作関係者)

引用元:livedoorニュース

福山雅治さんからの挨拶を無視したり、リハーサル中に不機嫌な顔で福山雅治さんを睨みつけたり、終始ふてくされた態度をとったりしていたという木村拓哉さん。

あまりにも子どもみたいな態度ですが、このエピソードを聞いた人たちから「性格悪すぎ」といった声が挙がりました。

『HERO』撮影現場での塩対応

2014714日から922日放送のドラマ『HERO』第2シリーズの撮影現場でのこと。

木村拓哉さんの画像

渋谷で撮影していた時、1時間半ほどの撮影を終えた木村拓哉さんは、周りで待っていたファンに目もくれず無言で迎えの車に乗り込んだそう。

長時間待っていたファンからは「握手くらいしてくれてもいいのに」と不満の声が出たようで、この塩対応ぶりが「性格悪すぎ」という噂につながったようです。

“面倒くさい性格”の自覚はある

木村拓哉さんの画像

そんな“性悪エピソード”のある木村拓哉さんですが、どうやら“面倒くさい性格”の自覚はあるようです。

201365日発売の『女性自身』インタビューにて、木村拓哉さんがご自身の性格についてこのようにコメントしています。

「僕のことは、みんな面倒くさいんじゃないですかね。ノリもあんまりよくないし、やたらガキみたいに騒ぐときもあれば、黙って機嫌悪そうにもしてるから……。と言っても、きっとファンの方たちは、本当の僕らを見透かしてるんじゃないですかね」

引用元:女性自身

(SMAPメンバーから見て)僕のことはみんな面倒臭いんじゃないですかね」「ノリもあんまり良くないし」「黙って機嫌悪そうにしてるから」など、ご自身の“面倒くさい性格”を客観的に分析できている様子。

もしかしたら、人気ピークの時は世間から求められる“キムタク”のイメージを維持することに必死で、素直になれなかっただけなのかもしれません。

キムタクの共演者からの評判

木村拓哉さんの画像

2017215日に都内で行われた映画『無限の住人』完成報告会見に出席した木村拓哉さん。

映画『無限の住人』 映画『無限の住人』

そこで共演者の市原隼人さんや杉咲花さんが、木村拓哉さんの撮影現場の様子を話していました。

会見で市原は「自分はイメージとかで人を判断したくなくて、会ってその人がどういう人か確かめたい」と前置きをし、「“木村拓哉”は、自分よりも周りを大切にする人間なんだと思いました」と木村の印象を述べた。

その具体例として、木村がマッサージ器具を現場に持ち込んで、撮影後に首が回らなくなったカメラマンなどにマッサージしていたエピソードを語り、「こんな座長初めて。こうなりたい」と強い憧れを抱いた様子を語った。

引用元:Music Voice

市原隼人さんからは「自分よりも周りを大切にする人間」と評価されており、「カメラマンなどにマッサージをしていた」など、木村拓哉さんの優しさが分かるようなエピソードが公表されました。

木村拓哉さんの画像

また、もう1人の共演者・杉咲花さんからはこのようなエピソードが明かされました。

杉咲は「出番の無いところでも、木村さんがカメラの後ろで演技をしてくれたので自分の演技に気負いなく挑めた」と撮影時に木村が演技に集中できるよう動いていたことを明かした。

(中略)

最後のフォトセッション時も、隣にいた杉咲の手を取り、カメラに向かって振らせ、やや緊張気味だった杉咲をリラックスさせていた

引用元:Music Voice

杉咲花さんのシーンの撮影中、木村拓哉さんがカメラの後ろで演技をして杉咲さんが演技をしやすいようにしたり、会見中には杉咲花さんの緊張を和らげるように配慮したりと、とても気配りのできる印象を受けました。

木村拓哉さんの画像
画像|キムタクの自宅は中目黒の豪邸!坪数や間取りや値段は?散歩の目撃情報まとめ 10代のころから芸能界で活躍されている“キムタク”こと木村拓哉さん。 妻・工藤静香さん、長女・cocomiさんや次女・koki...
木村拓哉さんの画像
キムタクの父親は盆栽カフェ経営!脱サラの経緯や退職理由がやばい!親子喧嘩で絶縁の噂の真相とは長女cocomiさん、次女kokiさんが芸能界デビューを果たし、今や父親としての顔も見せ始めている“キムタク”こと木村拓哉さん。 ...
木村拓哉さんの画像
画像|キムタク(木村拓哉)の母親はアムウェイ講演会の講師!宗教家説も 私生活をあまり明かさないことで有名な“キムタク”こと木村拓哉さん。 とはいえ、木村拓哉さんの母親・木村悠方子さんはスピリチュア...
木村拓哉さんの画像
2021最新画像|キムタクが老けた!ほうれい線にヒアルロン酸疑惑と目が変わったのは眼瞼下垂?俳優として活躍されている、“キムタク”こと木村拓哉さん。 最近、「キムタクが老けた」「ほうれい線がやばい」「まぶたがたるんできた」...

キムタクは性格悪すぎでファン離れ続出?共演者の評判と性悪エピソード|まとめ

“キムタク”こと木村拓哉さんの「性格悪すぎ」という噂や、共演者からの評判、撮影現場での“性悪エピソード”について情報をまとめてきました。

一時期尖っていた時期はあるのかもしれないですが、今はかなり丸くなった様子。何より、本当に救いようのないほど性格が悪かったら、芸能界でここまで成功できなかったかもしれません。

これからも“キムタク”のかっこいいイメージ通り活躍されることを期待しています。